読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱の彼氏が旦那になるまで

鬱の彼氏との日々をつらつらと

退職から半年たって

前のblogから長らく期間が空いたが、その間にいろいろなことがあった。


まず退職。
抱えきれないくらいたくさんのプレゼントをもって、彼は帰ってきた。
お手紙もたくさんもらってきて、その内容を彼と泣きながら読んだ。

彼の時はろくな引き継ぎをされず、それでもなんとかやっていたが、彼はきちんと引き継ぎ書を作り、後任に渡してきたそうだ。ちなみに後任は、嫌がらせの主犯。
どこまでも真面目で、たとえいじめられた相手でも仕事はきっちりこなす。そういう彼が好きだなとあらためて思った。


その後は失業保険の手続きやら保険の手続きやら、鬱といってもなかなか休んではいられない。
適当な会社なのか、退職系の書類をこちらが言うまで送ってくれないなどもあり、上場企業が聞いてあきれる…。


もろもろ終われば、後は、就職活動をしながらも比較的ゆっくりできていた。
けどそれも彼にはストレスだったようで、仕事をしていない自分がだんだん許せなくなっていったみたい。
仕事をしてない自分はくずだって考えてしまい、ハロワで内定が出たところにとりあえず就職しようとしてしまったりと焦っている様子がうかがえた。
まだどうみても鬱なのに、今のまま働かせる訳にはいかないと、あの手この手でなんとか説得。

転職活動では、鬱だと打ち明けても採用してくれる会社もあったし、内定辞退したのに「もし、どうしても見つからない時はまた連絡して」といってくれた社長さんもいて、世の中捨てたもんじゃないなと思わせてくれた3ヶ月だった。


3ヶ月ゆるゆると転職活動をしていくうちに少しずつ鬱も回復してきた。そして、現在の会社に内定が出た。

働きはじめて数ヵ月。
今のところ、うまくできているみたい。
彼いわく、今の会社は飲み会で悪口言うひとが少ないらしい。
みんな、「こうしたらもっと仕事がしやすくなる」といった話を楽しそうにしていると聞いて、私も安心した。

私は、飲み会はその会社の本性が出ると思っているのだけど、彼の今までの会社は暴力と悪口の巣窟だったらしいので、本当にやめてよかったと心から思う。


まだ鬱はなおっていないし、仕事では大丈夫でも
休日は人混みが怖くて動けなくなることも多い。
すぐお腹を下すし、駆け込んだトイレからは嗚咽が聞こえてくることもある。

でも、数ヵ月前に比べたらだいぶよくなっている。
少しずつだけど、よくなっている。
長期戦だけど、一緒に頑張ろう。


おまけ*
ちなみに、彼が鬱になってから屁理屈言うのがうまくなった気がする(* ̄ー ̄)
彼が落ち込むと「そんなことないよ!」って元気付けるために、なんとかいい方向に変えようと必死に話していたからかな(笑)
最近は
その屁理屈が仕事にも活きているし、鬱でいいこともあるもんだ!