読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱の彼氏が旦那になるまで

鬱の彼氏との日々をつらつらと

鬱の彼氏がいると嬉しいことが多くなる

f:id:hanamarutonta:20170302203408j:plain

 

涙を流すとストレスが軽減されるとよく聞くが、ここ1年それを実感している。

正直、人生で一番泣いた1年だったと思うし、自分が仕事で倒れたときより泣いてたかもしれない(笑)

 

ふと、「ここ1年で流した涙は、嬉し涙と悲しい・悔しいという涙どっちが多かったんだろう」と疑問に思った。

 

昨年は、彼氏が鬱になり、祖母が亡くなり、はたから見れば辛いことの多い1年だった。というか、辛かった。
一般的に見れば、悲しかったり、悔しかったりして流した涙が多かったと考えられるが、実は半々くらいな気がする。

 

前は良くも悪くも普通だったし、だからこそ感受性が鈍っていたのかもしれない。
今は、ちょっとしたことが嬉しくてよく泣いてしまう。前の会社のことを思い出すと悔しくて泣けてくる。

 

 

彼氏が元気のいいラインスタンプを送ってきてくれた。
今日は調子が良さそうで嬉しい。

美味しいものを一緒に食べられるのが嬉しい。
(鬱がひどいときは食べられなかったから)

晴れた日に一緒に散歩するのが楽しい。

 

 

小さい幸せに目を向けられるようになったことで、むしろ前より刺激的な生活になった。

まあ、その分疲れるけど…(笑)

 

おんなじ時間生きているなら、たくさん幸せを感じられたほうが楽しいはず。

おとなになって忘れていたこの気持ち、これからも大切にしていきたい。

 

 

おまけ

ちなみに、最近泣いたのは、一昨日くらいから読み返してる「死化粧師」という漫画です。

死との向き合い方が、すごく丁寧に描かれています。今度紹介記事書いてみようかな(*‘ω‘ *)

 

 

写真出典元:ぱくたそ(www.pakutaso.com)photo カズキヒロ